調理師免許 受験資格

調理師免許 試験資格

調理師免許の試験資格は、まず小中学校を卒業していることがあります。この点はほとんど問題ないと思いますが、もう一つの条件として、実務経験が2年以上というのがあります。受験される方は、自分が受験資格者に該当するかをもう一度確認してみてください。

 

特に食堂や飲食店などからの実務経験を経て調理師試験を受験されるかたは、実際の調理業務経験年数も関係してくるので注意が必要です。

 

調理師免許の試験資格について

上記の資格についてもう少し詳しく見ていきましょう。調理師の受験資格で学歴に関するものとしては、まず、中学校を卒業している人。小学校卒業の場合は、実務経験が5年以上で受験資格有とみなされます。

 

さてこの“実務経験”ですが、飲食店経営また皿洗いなど直接調理に関わっていなかった場合は実務経験としては認められません。そしてデザート、パン等の製造のみの経験では実務経験の職歴とはなりませんので、注意が必要です。

 

具体的には、「旅館や簡易宿泊所を含む飲食店、店舗で魚介類を販売する魚介類販売業、惣菜製造業、継続的に1回20食以上、または1日50食以上を手掛ける学校(給食センター)・病院・寮等での実務経験」が必要です。パート・アルバイトの場合は週当たりに4日以上働き、1日6時間以上の勤務ケースに当てはまる人は受験資格があります。

 

また、2年間働いていた証明も必要になってきます。これは職場の責任者にだしてもらうことができるでしょう。 また ある一つの店で1年、別の店で1年といった形でもそれぞれの証明があれば認められるようです。 試験を受けるのであれば、各都道府県の担当部署に必ず問い合わせておきましょう。

 

調理師の受験資格が免除

以下の条件に当てはまり人は、調理師の受験資格が免除されます。

 

*厚生労働大臣が指定した養成施設に入学し、1年以上、必要な知識及び技能を修得した人
調理師専門学校などで指定を受けているものが養成施設に該当します。規定のカリキュラムを受講すれば、卒業時に免許がもらえます。

 

試験が近い方、これから調理師をめざそうと思っている方は再チェックをしてみましょう。