調理師免許 取得方法

調理師免許 取得方法

調理師免許の取得方法は2通りの方法があります。一つは厚生労働大臣が指定する養成所で勉強する方法、もうひとつは調理師免許試験を受験し資格を取得する方法です。このページではそれぞれの方法を詳しく見ていくことにしましょう。自分に合った学習方法が見えてくるかもしれません。

 

調理師免許の取得方法 パターン1

まずパターン1として、厚生労働大臣が指定する養成所(調理師学校)で勉強する方法です。
この方法のいいところは卒業と同時に国家試験が免除され、申請するだけで調理師免許を取得することができるというところです。そして、普通なら2年の実務経験がないともらえない受験資格を、最短で1年で取得できるというメリットもあります。

 

調理技術や食品に関する知識もじっくりと学べます。独学で1から勉強していく大変さを考えると、これは助かりますね。さらに大きなメリットは、卒業後の進路・就職先などの情報が豊富にあることでしょう。求人もたくさん集まるのでとても有利ですね。
時間・経済的にも余裕のある人におすすめの調理師免許の取得方法です。

 

 

調理師免許の取得方法 パターン2

パターン2は、調理師免許試験を受験する方法です。
実技試験はなく筆記試験のみの試験です。調理師免許試験は都道府県ごとに実施されています。試験に合格すれば、調理師の国家資格がもらえます。

 

ただし、調理師試験の受験には、2年間の実務経験が必要です。資格試験の難易度はそれほど高くなく、しっかりと勉強すれば十分合格できるものですから、この方法で調理師免許を取得している人が多いです。

 

自分にとってベストな選択をするには事前の比較が重要です。自分の時間や条件に合った方法で、資格取得を目指しましょう。