調理師免許

あなたの やりたいこと いつからはじめますか? まずは はじめてみよう!

調理師免許

調理師免許ってなんだかご存知ですか?調理師はコックとは違います。コック(cook)とは、料理を行う人のすべてを指していて、免許や資格の有無は関係ありません。つまり料理ができればだれでもコックになるわけです。調理師とは、「調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者」とされています。

 

調理師免許について

調理師免許の取得方法は、まず調理師の国家試験を受験して合格するということが条件の一つです。そして、もう一つは厚生労働大臣が指定している調理師養成学校を卒業するという条件です。今のところこの2つです。

 

国家試験と聞くとなんだか難しそうですよね。ところが、調理師免許の合格率は6割となっていて、ちゃんと勉強していれば意外とすんなり合格できそうな感じです。免許を取得した人は講座を利用したり、調理師免許の夜間学校に通って勉強したりしています。

 

 

調理師免許と実務経験

調理師免許の受験資格には2年の実務経験が必要です。経験ばかりは自分で積み重ねていくしかありませんよね。しかし、この2年の経験はとても大切です。“食”は間違えると命に直接かかわることがあります。正しい知識プラス経験が加わると安心して調理を任せることができますからね。

 

“おいしいもの”を食べると幸せになれるという人はたくさんいます。私も食べることは大好きです。そのとき特に気になるのは、“味”と“安全”です。きっと皆さんもそうだと思います。

 

今回この調理師免許のテーマをとりあげたのは、私たちを楽しませてくれる調理師がどんな仕事か?調理師免許を目指すにはどんなことが必要かを皆さんに知ってもらいたいと思ったからです。調理師をめざす方も同時に参考にしてくださればうれしいです。